資格取得情報ナビ

資格取得について紹介。パソコン、看護師、行政書士からホームヘルパー、介護福祉士などまで資格取得と資格試験に関する情報を集めたサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行政書士ってどんな資格?

行政書士は、
①官公署に提出する書類(建設業許可申請書、法人設立許可申請書、帰化申請書など)
②権利義務に関する書類(契約書、遺言書など)
③事実証明に関する書類(内容証明など)
①~③の書類の作成・提出・相談業務が行政書士の仕事になり、作成できる書類は5000種類以上とも言われています。

今後は、書類作成業務だけでなくワンストップリーガルサービスの窓口としての役割、いわゆる『街の身近な法律屋さん』といった役割を担うことが期待されています。(敷居が高いというイメージが強い弁護士との違いです)

平成14年7/1からは代理権が付与されたり平成16年8/1から行政書士事務所の法人化が認められたりと、行政書士資格としての可能性はまだまだ広がりつつあります。

漫画『カバチタレ』(行政書士が主人公のマンガ)の影響もあり人気、認知度も急上昇中の資格です。

試験概要
<試験日>
毎年1回  10月実施

<受験資格
誰でも受験できます。

<試験科目>
(法令科目)マークシート択一式、記述式
基礎法学、憲法、民法、行政法、行政書士法、地方自治法、税法、戸籍法など

(一般教養科目)マークシート択一式
国語、社会、理科、数学、その他一般常識

<難易度・合格率等>
法律の資格は、条文の読み方や理解など独学では難しい部分もありますし国家資格ですからラクラク合格できるほど甘くはありませんが、きちんと学んで準備をすれば一発合格も十分狙える資格です。

行政書士試験の合格率には非常にばらつきがあり2%台の超難関の年(平成15年度)もあれば、合格率19.23%という年(平成14年度)もあり、試験の難易度が安定していませんが、おおむね8~10%くらい。

また、行政書士試験は一般教養科目で20問中10問未満はそれだけで足切りと言われています。

法令は条文理解が難しく法改正も多くあるので、独学では難しいと思われます。 資格学校や通信教育でしっかり勉強して試験に臨むことをオススメします。

PR:行政書士 資格

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

行政書士について

行政書士行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政機関に提出する許認可申請書類等の作成・提出・手続代理や契約書・遺言書等の権利義務、事実証明に関する書類の作成を行う職業、またその資格を持ち登録開業している者を言う。行政書士の資格は国家資格であり行政書士法に制

資格で稼ぐ 2007年04月03日(Tue) 13:11


行政書士試験の難易度

新試験制度に移行した平成18年度では、難易度では依然として隔差があるものの、論理的思考を問う司法試験の短答式試験(択一試験)に類似した形式で出題された。

行政書士試験情報局 2007年04月15日(Sun) 14:28


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。